終わらせることなんて、誰にだってできる。僕が休学して、世界で挑戦する理由。

Twitterでつぶやく
 
 f:id:andrewyusuke:20150927201105j:image
 
皆さん、お久しぶりです!!
 
日本に帰る飛行機の中でこの記事を書いています。
 
1ヶ月半、全力でEDUCAやってきました。間違いなく、今まで生きてきて一番濃い夏休みでした。

 

詳細についてはこちらで!!
ただ、おかげでブログを更新する余裕が全くありませんでした。笑
 
この夏を通じて感じたこと、考えたことは山ほどあるので、徐々に更新していきます!!
 
何から話したらいいのかわかりませんが、とりあえず、後期は休学しました。
 
今までの5倍のスピードでEDUCAを前進させたいのと、今自分のやりたいことに全力を注ぐためです。また詳しくお話ししたいのですが、カンボジアの前にバングラデシュに行きたいと考えています。
 
とうわけで、今回から数回にわけて、このような現状に至った経緯についてお話していきたいと思います。
 

1ヶ月半の現地滞在で感じたこと

f:id:andrewyusuke:20150927201831j:image
生徒たちと。
 
僕は渡航直前、世界約200カ国すべてを旅すると決めました。
 
けれども、夏休みは全力でEDUCAに打ち込むと決めていました。
 
まず突き抜けてみなければ、中途半端なままで何もわからないからです。
 
自分が納得する結果を出すまで、新しいことには挑戦しません。
 
そして、実際に現地で活動する中で引き続き突き抜けようと決心させたのは、生徒たちの言葉でした。
 
 

ー生徒の可能性を、制限していた。

 
文頭でも話しましたが、この夏のプロジェクトは生半可なものじゃありませんでした。
 
3月に行ったプロジェクトから人数を拡大した結果、当初は完全にキャパシティオーバー。
ただただプログラムを形にしようと必死で、 一人ひとりの生徒とまったく向き合えていませんでした。
 
彼らの声をプログラムに反映できず、一人、また一人と生徒がミーティングに来なくなりました。
 

f:id:andrewyusuke:20150927202241j:plain

 
それでも僕たちは、彼らのモチベーションが低いのだと決めつけてしまい、自分たちの提供する教育に問題があるのだと気づけていなかったのです。
 
そんな現状を見て、自分は本当に必要とされているのだろうか、わざわざ日本からこんなところまで来て、貴重な時間を彼らのために捧げて何の意味があるのだろうか、勝手にそう思ってしまっていました。
 
そしてついに、今まで一人も出なかったドロップアウトが。
プログラムの進行ペースについてこられず、やっぱり自分は英語ができるようになんてならないんだと、自信を失ってしまったことが理由でした。
 
そこで初めて、ハッとしました。悪いのは生徒じゃない、僕たちが中途半端に彼らと向き合って、中途半端な教育を届けているからじゃないかと。
 
生徒の世界を広げるためのEDUCAが、生徒の可能性を制限してしまっていたのです。
 

終わらせてしまうことなんて、誰にだってできる。

 
僕が反省して落ち込んでいると、一人の生徒が近寄ってきて、こう言いました。
 
「アンディ、私にできることなら何でもするから、そんなに落ち込まないで。きっと生徒は戻ってくるから。」
 
 f:id:andrewyusuke:20150927204326j:plain
 元気づけてくれた、生徒リーダーのSreytouch。
 
そんな現状においてもなお、僕たちを信じてくれる生徒の存在に、涙が出ました。
 
「まだ間に合う。一人ひとりの生徒と真剣に向き合おう。」 
 
それからプログラムを改善。生徒一人ひとりと向き合う時間をつくり、積極的にコミュニケーションをとり続けたことで、生徒が徐々に戻ってきました。生徒が目に見えて成長していく姿を見て、僕自身もやりがいを取り戻していくことができました。
 
そんな中生徒たちに言われた言葉に、胸が熱くなりました。
 
f:id:andrewyusuke:20150927204746j:image
心から信頼できる、最高の生徒たち。
 
「俺たちはEDUCAで学んだことを、
もっともっと多くの人に教えていきたいよ。次の世代にもずっと。だから、EDUCAを終わらせないでほしい。いつまでも、生徒に学習の機会を届け続けてほしい。俺たちにできることがあればなんだってするから。」
 
そうだ、終わらせてしまうことなんて、誰にだってできる。続かなきゃ本物じゃない。中途半端に終わらせて、世界になんていけるか。
 
自分のすべてを出し切るには、もう少し期間が必要だ。
 
こうして僕は、休学することにしました。
 
続きは、また更新します。
 
 f:id:andrewyusuke:20150927204924j:image
かわいい。笑