世界を広げてもらったのは、自分でした。

Twitterでつぶやく
f:id:andrewyusuke:20151206182315j:image
 

今日、最後のミーティングがありました。

 
この半年間、本当にいろいろなことがあった。
 
その一つ一つを噛み締めながら、書いてます。
 
 
僕は、EDUCAを卒業します。
 
 
 
どんなことがあって、何を考えて、この結論に至ったのか。
 
僕が仲間に綴った言葉を引用します。
 

 

 
改めて、今の気持ちを率直にお伝えしたいと思います。
 
僕はEDUCAをやめます。
 
数週間前から考えていたことなのですが、これからの方針を決める大事な時期だったため、
打ち明けることができませんでした。流れを断ち切りたくなかった。突然になってしまってごめんなさい。
 
最近、活動になかなか身が入らなくなってしまいました。
EDUCAのビジョンには、すごくワクワクしています。どんどん成長しているし、勢いづいていると感じています。
けれど、自分がそれを実現したいと思うかというと、素直に頷けません。
結果を出したい、社会にインパクトを与えたいといった思いも、今はありません。
 
僕のモチベーションを支えてきたのは、結果への執着心や強い承認欲求でした。
競争の世界に生きていた僕は、何かを成し遂げることで、自分の存在価値を信じようとしていました。
負けることへの恐れが、僕を駆り立ててきました。
 
けれど、恐れから動いていた自分と正面から向き合い、受け入れたことで、変化が起き始めました。
自分自身で、自分の存在価値を認められるようになりました。
すると自然に、他者への思いやりや、社会、自然、地球といった共同体への純粋な貢献意欲が生まれてきました。
自分が変われば、世界は変わるんだ。
そう身をもって実感しました。
 
そこで改めて、自分のエゴにとらわれずEDUCAについて考えてみたとき、
僕の心は踊りませんでした。
 
 
自分のワクワクや直観は、どこを向いているのだろう。
自分が今成し遂げたいことは何なんだろう。
 
人間の進化。
 
それが、今の僕のワクワクです。
様々なところで限界を迎えている現代の世界。広がり続ける格差、食糧危機、環境破壊、戦争…。
人類が本当の意味で地球と共生し、新たな時代を切り拓いていけるかどうかは、一人一人の意識の変容、「当たり前」の転換にかかっています。
 
そんな中、既存のシステムのルールにとらわれていた自分を自覚し、生き方を変えることができたからこそ、できることがある。
そう思っています。
 
 
こんな状態で、EDUCAに集中することがなかなかできません。
流れに逆らっているような感じがして、エネルギーをうまく使えません。
 
最初は、こういった学びをEDUCAと並行していくことも考えました。
けれど、自分は突き抜けなければ、中途半端になってしまう。
そして、どこかで線引きをしなければ、いつまでも新しいことに踏み出せない。
次のステージに移るなら、しっかりとけじめをつけたい。
 
たくさんの葛藤がありました。
 
でも、それを気にしながら中途半端に続けていたら、僕は、自分にもみんなにも嘘をつくことになります。
他人の人生を生きることになります。
 
それでは、自由になれない。
 
だから、誰に何と言われようと、自分の信念と直感に従って、辞めることを決めました。
自分のワクワクとミッションを追求することに、全力を注ぐために。
 
 
 
 
こうして僕は、EDUCAを去ることになりました。
改めて今までのブログを読み返すと、いろんな自分がいました。
 
昔の自分だったら、周囲の評価を気にして消していたかもしれない。
でも今は、それも全部全部、自分の一部なんだって受け入れられます。
 
情けない思いも、恥ずかしい気持ちもあるけれど、そんな自分がいたから、今の自分が在るんだって。新しい夢を追っていけるんだって。
 
だから、後悔はありません。
全力で、次の目標に向かって駆け抜けます。
 
 
 
それにしても、この半年間、最高に楽しかったなぁ。
 
こんなに最高な仲間と、こんなに本気で何かを生み出そうとしたことはなかったから。
 
数えきれないほど、たくさんのことを学んだ。0から何かを生み出すことのワクワク、チームの素晴らしさ、結果を出したり、認められることより大切なもの。
 
そして何より、ずっと縛られてきた恐れを手放して、自分の自由な意志で生きられるようになった。優しさや思いやり、愛を持てるようになった。自分のミッションを見つけることができた。
 
こんなにも世界が広がったのは、EDUCAに出会えたから。
生徒に教育を届けてきたけど、実は自分自身が、誰よりも学ばせてもらってた。成長させてもらってた。
 
EDUCAを通じて出会えた全ての方に、心から感謝しています。
 
どれだけ感謝してもしきれない。
本当にありがとう。
 
 
まだまだたくさんの課題があるけれど、たとえどんな結果になっても、今までやってきたことの価値は変わらない。僕が証明できる。
 
どんな生徒が生まれて、どんな未来を創っていくのかな。
 
そんな期待を胸に、僕は進みます。
 
f:id:andrewyusuke:20151206181829j:image
 
 
と言いつつ、3日後はもうカンボジアです!笑
 
短い期間だけど、今までの感謝の気持ちと僕の思いを、生徒や仲間に伝えてきます。
 
 
そしてその後は、インドへ。
 
マザーテレサマザーハウスで「人の死」に向き合ってきます。
 
そして、1ヶ月間、ヨガの聖地リシケシで、修行してきます。
ひたすら瞑想して、自分の内面を見つめ、深いところまで潜ってきます。
 
次のアクションに移る前に、必要なことなのです。
それについては、後日改めてお話させていただきます。
 
 
f:id:andrewyusuke:20151206182106j:image
 
 
それでは、行って参ります。