カッパドキアの安宿”ParadiseCave”を、日本人にオススメしたい3つの理由。

Twitterでつぶやく

 

1.はじめに

皆さんこんにちは!

インド、パキスタンと旅をしながら小説を書いてきて、現在はトルコ、カッパドキアを満喫しております。

いつもは内面の葛藤を狂ったように書き殴っている僕ですが笑、今回は旅のレポート。今お世話になっている宿について、お話しようと思います(^^)

 

一か所に長く留まるのはあまり好きなタイプじゃないんですが、ここカッパドキアは例外。

これまで20か国以上、有名どころもマイナーな奥地も旅してきた中で、最も居心地が良いのです。しきりにトルコ人女性紹介されるし、もうここで生きていこうかな(嘘)

 

さて、どうして僕がこの土地をそんなに満喫できているかというと、

大自然の美しさ、ご飯の美味しさ、人々の温かさ...

など理由はいろいろなんですが、何より、今お世話になっているこの宿のおかげ。

f:id:andrewyusuke:20170519015111j:plain

*おばさん、目つむってる...笑

 

これまで泊まってきた宿の中でも、ベスト3には入ります。

どれくらい素敵かというと、気づいたらなぜか働き始めてたくらい笑、素敵なんです。

というわけで今回は、僕が大好きなこの宿の魅力について、シェアしたいと思います(^^)

 

2.カッパドキアとは

はじめに、僕と同じくトルコ初心者の方のために、ここカッパドキアについて簡単に紹介します(^^)

*もう知ってるよって方は、ささっと飛ばして宿の詳細をご覧ください!

 

トルコの主要都市イスタンブールからバスで11時間(夜行なら寝て起きれば着く)、飛行機で一時間の距離にある、世界遺産カッパドキア

いったい、どんなところなのか。

 

f:id:andrewyusuke:20170517203210j:plain

でん。

 

f:id:andrewyusuke:20170517203220j:plain

ででん。

 

f:id:andrewyusuke:20170517203305j:plain

でででん。

 

f:id:andrewyusuke:20170518000130j:plain

でーん。

 

…こんな感じです。笑

数億年前、火山の噴火によって生まれた、美しき岩の織り成す世界。

その昔、迫害を逃れるキリスト教徒たちが岩窟や地下に隠れ家を築いたと言われる、大自然と人々の暮らしが調和した街。

今では、そういった遺跡巡りや、自然の美しさを味わえる様々なアクティビティ(気球や乗馬、バギーやレンタサイクルetc.)を楽しめる観光地として、世界中の人を魅了しています。

その他、トルコ料理を堪能できるレストラン、素敵なカフェ、豊富な土産屋、安宿から高級ホテルまで、なんでもそろってます。はい。

 

トルコの観光といえばアジアとヨーロッパの交差点イスタンブールが大人気ですが、個人的にはカッパドキアのほうがオススメ。

イスタンブールも美しい街だけれど、なにせ大都市なので、物価は高いし、人との距離感も少し遠い感じがしました。

一方カッパドキアは、イスタンブールに比べると物価が安いし、大自然に囲まれて時間がのんびり流れてる。何より、人がほんとに温かい。

 

そして、なぜか日本人がモテます。笑

f:id:andrewyusuke:20170520231952j:plain

*…むさくるしい。笑 この後ちゃんと、女性とも撮りましたよ?笑

 

アジア人が珍しいらしく、観光してると話しかけられたり、セルフィセルフィ!って歩み寄ってきます。

その土地を知るにはその土地の人と話すのが一番だと思うので、飽きない程度に付き合ってみるといいかもしれません!

 

以上、とってもざっくりな紹介だったので、詳しい情報はこちらで。笑

カッパドキア │ トルコ大使館 文化広報参事官室

 

たくさん観光地のあるトルコですが、この国を満喫したい方はぜひ、カッパドキアでゆったりと時間を過ごすことをオススメします(^^)

 

3."Paradise Cave" をオススメする3つの理由

 

さて、そんなカッパドキアの魅力を味わい尽くしたい方にシェアしたいのが、

こちらの宿 "Paradise Cave Pension&Hotel".

Paradise Cave Pension - Cappadocia Göreme

f:id:andrewyusuke:20170517234434j:plain

*日本語の挨拶! 消えかけてますね。笑

 

数あるホテルの中からここをオススメする理由を、3つのポイントに分けて解説します(^^)

 

 ①便利・清潔・快適

〈アクセス〉

まず、宿泊先を決めるうえで大事な、ロケーション。

カッパドキアは観光スポットが散らばっているので、拠点となる街選びが大切。

 

その中で最も人気が高いのは、このギョレメ(Goreme)という街。

f:id:andrewyusuke:20170517203326j:plain

 

街がどこよりも岩の中に溶け込んでいて、とってもきれい。

歩くだけでもカッパドキアの雰囲気を楽しめます。

そして、ホテルやレストラン、ツアー会社が最も集まっているのもこの街。

周辺の観光スポットへのアクセスも良いので、ほとんどの観光客はここを拠点にしています!

 

そんなギョレメの中心部、バスターミナルから徒歩5分のところにひっそりとたたずむ、Paradise Cave Pension&Hotel.

この街には坂が多く、お店の集まった中心部から離れたところにあるホテルも少なくないので、ここは立地的にかなり便利です。

*実際、僕が最初に泊まったホテルは坂道が煩わしかったのと(それくらい運動しろよって言われそうだけど笑)、近くに店が少なくて、ちょっと不便でした。

 

 

宿泊の際は、地図を印刷しておくか、Google Mapsで読み込んでおくといいと思います!

その辺の人に聞けば、親切に教えてくれますが(^^) 

 

〈部屋の種類〉

次に、肝心のお部屋ですね!

全部で15部屋あります。

f:id:andrewyusuke:20170521193434j:plain

 

バックパッカーをはじめ、宿泊費を抑えたい方向けのドミトリーが2部屋。

一泊7ドル。ギョレメのドミトリーはそのあたりが相場らしいです。

 

残りは、個室(2人宿泊可)とファミリー向け(4人宿泊可)の大部屋。

通常の部屋が一泊25ドル、洞窟デザインの部屋が35ドル。

 

どの部屋も、美味しい朝食込みです(^^)

 

値段は時期によって上下したり、予約サイト(Booking.comは現在トルコ国内だと使えない)を経由すると割引されることもあるので、宿泊される際はそちらもご確認ください! 長期滞在の方は、多少安くしてもらえるかも。

 

各部屋の様子は、こちらのHPでも確認できます(^^)

http://paradisecavepension.com/rooms.html

 

さて、僕が泊まっているドミトリーについてお話しすると、

ここの強みはベッドの数で、15人分あるので、ハイシーズンでもよほどじゃない限り宿泊できると思います。

僕も最初は「地球の歩き方」に載ってるホテルに泊まろうとしたんですが、安いところはけっこうベッド数が少なくて、どこもいっぱいでした。泣

 

そして、二種類の部屋から選べるのも、この宿の良いところ!

 

カッパドキアの名物、洞窟ドミトリー(7ベッド)と、

f:id:andrewyusuke:20170518225723j:plain

 

僕が泊まっている普通のドミトリー(8ベッド)。

f:id:andrewyusuke:20170518225849j:plain

 

どうして二種類あるのが良いかというと、洞窟ドミは確かに一度泊まってみる価値ありなんですが、中の空気がちょっと変わった感じ(夏はひんやりしてて、ちょっとじめっと。冬は温かいらしい。)なので、途中で普通の部屋に移りたくなる人もけっこう多いんじゃないかと。(僕がその一人。笑)

そうなったときに、わざわざ宿を変えるより、同じところで移動できたほうが楽なのです。

ベッドは一つ一つ独立しているので、二段ベッドが苦手な方にもおすすめです!

 

どの部屋にも空調設備がついているので、調整すれば快適に過ごせると思います。

それと、洞窟ドミは地下にあるので空気が特殊なんですが(本格的笑)、それ以外の洞窟部屋はデザインが洞窟なだけなので、空調的には特に問題ないかと(^^)

 

〈部屋の設備〉

WiFi:どの部屋からもサクサク使えます!

ドミトリーが接続悪いあるあるは、ここでは心配ご無用♪

 

アメニティ:石鹸とシャンプーは各部屋に。タオルの貸し出しあり。

f:id:andrewyusuke:20170521193543j:plain

*かわいい。

 

その他:

・洞窟ドミ

シャワー/トイレ:共用(部屋の外) *空いていれば、通常ドミの使用も可。

コンセント:一つ。延長コードでシェアする形式です。

 

・通常ドミ

シャワー/トイレ:共用(部屋の中)×2

コンセント:基本、延長コードでシェア。ベッドによってはそばにあります。

 

・個室/大部屋

シャワー/トイレ:もちろん部屋の中。

コンセント:部屋によって異なりますが、足りないことはないと思います!

 

 *トルコの宿は基本的に、シャワーとトイレが併設されています。

シャワーのお湯が時期によってはぬるい時もあるので、入る前に確認すると良いかもしれません。

 

どの部屋もこのパワフルおばさんのおかげで清潔ですし、頼めばシーツの交換もしてくれます!

洗濯は、一回25TL。量が少ない時は、交渉すれば割引してくれると思いますよ(^^)

f:id:andrewyusuke:20170519003241j:plain

 *いかにもお母さん。笑

 

 ②あたたかさ

続いて、この宿をオススメする二つ目の理由。

それは、なんといっても人の温かさと、居心地の良さ。

 

オーナーが親戚一同で経営しているこの宿は、地元の人たちが集まる団らんの場でもあるのです。

忙しい時には、友達が仕事を手伝いに来ます。

f:id:andrewyusuke:20170519005425j:plain

 *友達の離婚話を親身になって聴く、オーナーと甥っ子。笑っちゃいけないけど、朝ごはん中にいきなりそんな話されても。笑

 

f:id:andrewyusuke:20170519011313j:plain

 

屋上の共有スペースは常に開放していて、景色も最高。

 

f:id:andrewyusuke:20170519011353j:plain

 

ゆっくり朝食を食べながらのんびりするもよし、他の旅人や地元の人たちと交流するもよし。

 

f:id:andrewyusuke:20170519011436j:plain

 屋内も良い感じの雰囲気。ジュース、チャイは無料です♪

 

 レストランで食べるのに疲れてしまった方は、

お願いすればご飯もつくってくれるし、お手軽な値段で屋上BBQもできます(^^)

トルコ料理は美味しいけど、日本人にはちょっと重めなのと、野菜が少ないので、お母さんの手作りを食べられるのはかなり嬉しい。

(特に、僕のような貧乏人はケバブばっかり食べてるので笑、ローカルなご飯が食べられるだけでありがたいのです。)

 

ただ、一番のオススメは、宿のみんなや地元の人たちの食卓に交ぜてもらうこと。

f:id:andrewyusuke:20170518220454j:plain

 *幸せそうでしょ?笑

 

 レストランでは食べられない家庭の味を堪能できるし、夜景をバックに美味しいご飯とお酒を囲んで語り合う楽しさが、この宿の最大の魅力なのです。

f:id:andrewyusuke:20170519023509j:plain

 

 ③カッパドキアをお得に楽しむ裏ワザ

さて、ここまではもしかすると、同じようなホテルもあるかもしれません。

ただ、この宿をオススメする一番の理由は、より安く、より深く、ここカッパドキアを満喫できるから。

なぜか。

地元の人たちとの結びつきが強く、オープンなこの宿。

f:id:andrewyusuke:20170519022908j:plain

*めっちゃ真剣な顔でゲームしてる。笑

 

地元の人たちとはつまり、カッパドキアの観光業に従事している人たちのこと。

なので、彼らと仲良くなればなるほど、お得にカッパドキアを楽しむことができるのです!

 

参考として、カッパドキアで一番人気の気球ツアー。

通常、ツアー会社に依頼すると、60分間の飛行で120~200ドルくらい。(気球は60分と90分のプランがあります。)

操縦士の腕前や気球の大きさ、飛行後の写真撮影やシャンパンでの乾杯の有無など、内容によってけっこう値段が変動します。

宿泊先がツアー会社も経営していたり、現地で直接交渉すると安くなるらしいのですが、それでも100を切ることはなさそう。

 

なので、いくら絶景が見られるとはいえ、一万円以上はちょっと.、、という感じでした。

そこで、「カッパドキアのことなら何でも聞いてね!」と笑顔で言ってくれるオーナーとその愉快な仲間たちに相談してみたところ、、、

 

なんと、60ドルで乗れました。笑

通常の半額、あるいはそれ以下のお値段。

飛行前日の夜だったからというのもあると思うけど、

「ローカル価格だ、あっはっは。」と嬉しそうに笑ってました。笑

f:id:andrewyusuke:20170519031121j:plain

 *愉快な仲間たちの一人。一日90本もタバコを吸う魔物。

 

あまりに安いので、正直クオリティを心配していましたが、その必要は皆無でした。

 

This is our planet. #turkey🇹🇷 #cappadociaballoon #sunrise #discoverearth #journey #paradisecavepension

 

 優秀な操縦士のガイドと共に、美しい朝日と大自然を、思う存分味わえました。

写真撮影と乾杯もついていて、文句なしどころか大満足。

 

他にも、宿にある自転車を貸してくれるのでレンタサイクルの必要がなかったり、バギーの後ろに乗せてくれて、無料で大自然を駆け抜けられたり。

f:id:andrewyusuke:20170519044452j:plain

 *バギーツアーは、Nese Tour Tourismという、宿の近くのツアー会社がおすすめ(^^)

 

仲良くなればなるほど、ゲストではなく友達として、カッパドキアを楽しませてくれるのです。

f:id:andrewyusuke:20170519141708j:plain

 

もちろん、各種ツアーの申し込みもできますし、自分に合ったプランも一緒に考えてくれます!

自分の足で回りたい時は、地元の人たちしか知らないスポットを教えてくれたり、手が空いていたら連れていってくれることも。

 

そして何より、彼らはカッパドキア以外の観光地にも精通しているので、ここからトルコ旅行のプランを立ててみるのもありかもしれませんね(^^)

*近くのツアー会社 "ランドスケープトラベル" に、Dogan Ersanという、日本語の話せる方もいらっしゃいます。

 

顔の広いオーナーと、地元の人たちに愛される宿だからこそ味わえる、この楽しみ方。

皆さんもぜひ、ここ "Paradise Cave" から、カッパドキアを満喫してみてください!

 

f:id:andrewyusuke:20170519034317j:plain

*オーナーの経営するレストランで、普段は手の出せないトルコ料理を、割引価格でいただく。たまには、ちょっと贅沢してもいいよね。笑

 

4.おわりに

以上、カッパドキアのオススメ宿、 "Paradise Cave" の紹介でした(^^)

今回シェアさせていただいたのはあくまで僕個人の意見と体験なので、現実とすれ違う点もあるかもしれません。

そのことで何か不都合が生じてしまったら、ごめんなさい(>_<)

 

そして、この宿の魅力をどれだけ味わえるかは、どれだけつながりを深められるかに比例します!

なので、いきなり色々と注文してしまうと、快く受け入れられない時もあるかもしれません。

と言いつつ、彼らの親切さは底無しなので笑、とりあえず何でもリクエスト、相談してみる価値はあると思います(^^)

ユスフ(ここで働き始めてから、そう呼ばれるようになりました。笑)の記事見て来たよ!とか、友達だよ!とか言えば、たいていのお願いは聞いてくれるはずです。笑

 

日本人の宿泊客はまだそんなに多くないけれど、この魅力が少しずつ伝わっていって、たくさんの人が集まる素敵な日本人宿になっていったらいいな。

 

"Paradise Cave" に泊まる際は、宿のみんなに一報入れておくので、お気軽にご連絡ください(^^)

僕のFacebookアカウント、載せておきますね⤵

https://www.facebook.com/andrewyusuke.murata

 

f:id:andrewyusuke:20170521195002j:plain

*天国みたいなところ。

 

ツアーだけ楽しんで帰ってしまう人が多い、ここカッパドキア

実際、僕も最初は、2日間くらいでいいかなと思ってました。

そんな僕に、

" Come on, don't be like typical Japanese! もっとゆっくりしていきなよ~"

と言ってくれたみんなのおかげで、思いっきり満喫できてます。

 

のんびりしたい方、そして旅の喜びを知っている方は、いればいるほど好きになれる場所。

大自然と温かい人たちに癒されながら、ゆっくり自分と対話してみてはいかがでしょうか(^^)

 

皆さんの旅が、最高の思い出になりますように。

 

f:id:andrewyusuke:20170519044414j:plain

 

*宿のある丘のてっぺんまで登ると、目の前に広がる景色。